鶴岡街宿
 山形県鶴岡市 旅の宿情報サイト「鶴岡街宿」はバナーをクリック!
 

鶴岡の旅 食彩のしおり 【鶴岡街宿 ブログ企画】 公開中♪
 鶴岡の旅 食彩のしおりでは鶴岡街宿に加盟する各宿が鶴岡の魅力あふれる食の世界を素朴な一汁三菜をベースとした食膳スタイルにしてご紹介します。 鶴岡伝統の逸品から現代風のアレンジを加えて作る宿オリジナルの逸品まで、季節感や地域色を生かしたバランスのとれた一汁三菜で、鶴岡に暮らす私たちの食の世界をお楽しみ下さい。


2019年01月27日

ホテル五番館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

shokusai_520.jpg

【鶴岡街宿 ブログ企画】
 鶴岡の旅 食彩のしおりでは鶴岡街宿に加盟する各宿が鶴岡の魅力あふれる食の世界を素朴な一汁三菜をベースとした食膳スタイルにしてご紹介します。
 鶴岡伝統の逸品から現代風のアレンジを加えて作る宿オリジナルの逸品まで、季節感や地域色を生かしたバランスのとれた一汁三菜で、鶴岡に暮らす私たちの食の世界をお楽しみ下さい。

ホテル五番館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

ホテル五番館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

◆ 一月の献立

鱈のマリネ
鱈のムニエル
鱈と野菜のスープ煮
庄内麩と若布のお味噌汁
・ ご飯
・ ―


ホテル五番館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

Q これはどんなお料理ですか?
A 冬が旬の鱈をマリネにしました。
Q 鱈をマリネにする方法はあまり鶴岡では見かける事がないですよね?
A 今回は旬の鱈を余すことなく使ってみたいと思い、ご紹介する料理としては鱈づくしになっています。鱈は淡白な魚なので酢のもの系の料理にも合います。


ホテル五番館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

Q これはどんなお料理ですか?
A 鱈をムニエルにしたものにホワイトソースをかけたものです。
Q このタレはホワイトソースなのですね?
A あっさりとした味の鱈にホワイトソースのコクが加わってしっかりとした一品になると思います。

ホテル五番館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

Q これはどんなお料理ですか?
A 鱈と野菜のスープ煮になります。
Q 鱈はいろいろな料理に相性が良いのですね?
A はい。鱈と根菜の塩味でスープにしていますが、鱈と野菜の相性も良いですね。今回は塩味ですが、冬はキムチ味にアレンジしても楽しめるかと思います。

_ありがとうございました。


ホテル五番館がこれまでに提供した 食彩のしおりはこちらから
ホテル五番館に関する 宿情報はこちらから
ホテル五番館の 宿ホームページはこちらから


.
posted by staff e_iskry at 23:18| 鶴岡の旅 食彩のしおり

奈良館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

shokusai_520.jpg

【鶴岡街宿 ブログ企画】
 鶴岡の旅 食彩のしおりでは鶴岡街宿に加盟する各宿が鶴岡の魅力あふれる食の世界を素朴な一汁三菜をベースとした食膳スタイルにしてご紹介します。
 鶴岡伝統の逸品から現代風のアレンジを加えて作る宿オリジナルの逸品まで、季節感や地域色を生かしたバランスのとれた一汁三菜で、鶴岡に暮らす私たちの食の世界をお楽しみ下さい。

奈良館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

奈良館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

◆ 一月の献立

平目のお刺身
寒ぶりの漬け焼
沢庵の煮もの
寒鱈のどんがら汁
・ ご飯
・ ―


奈良館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

Q これはどんなお料理ですか?
A 庄内浜で獲れた平目のお刺身です。
Q 平目の旬は今頃でしょうか?
A そうですね。平目は12月から2月の寒い時期が旬かと思います。身が引き締まった上に脂も乗っています。


奈良館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

Q これはどんなお料理ですか?
A 寒ぶりを一日タレに漬け込んだものを焼きあげています。
Q 寒ぶり、美味しそうですね?
A まさに今が旬ですから、脂が乗って美味しい魚です。


奈良館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

Q これはどんなお料理ですか?
A 沢庵の煮ものです。
Q 沢庵を、煮たのですか?
A そうです。漬けものの沢庵をしっかり塩出しして、柔らかく煮上げています。東京の方は驚かれますが、昔から山形県ではよくこの様に調理します。保存食として作った沢庵漬の二次利用、先人の知恵と苦労が想われる一品です。

_ありがとうございました。


奈良館がこれまでに提供した 食彩のしおりはこちらから
奈良館に関する 宿情報はこちらから

.
posted by staff e_iskry at 22:46| 鶴岡の旅 食彩のしおり